スポンサードリンク

2009年06月30日

のみ薬の治療法 パルス療法と連続服用法

爪水虫の飲み薬の治療法は、

約6ヶ月毎日のむ連続服用法と

パレス療法があります。パルス療法とは、1週間のみ薬を飲み
3週間は服用を休むサイクルを3回繰り返す方法です。

3ヶ月の治療機関で実際の服用は、合計21日間になります。

服用期間後も効果が持続する。
パレス療法に用いられるお薬は、爪に届きやすく、爪の中に長く
とどまり、お薬を休んでいる期間や飲み終わった後の期間も
爪の中で効果が持続します。

症状によって違いますが、お薬を飲み始めて早い人で2〜3ヶ月で
健康な爪が生えてきます。

健康な爪に生え変わるのは約1年といわれていますので
3ヶ月目の薬を飲み終わっても、その後も爪のチェックに
通院や治療が必要です。

posted by つめ水虫 at 14:11| Comment(0) | 爪水虫治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

爪水虫 薬 副作用

爪水虫の治療には、飲み薬が有効ですが、
まれに副作用もあります。

本人の体質や服用の方法により違います。

特に足の爪の場合、8ヶ月から1年と爪が生え変わるまでの
長期の服用が必要なため、肝臓に負担がかかるため
血液検査で肝機能を調べる必要があります。

またまれに肝機能の異常という副作用の報告がありますので
使用中も定期的に検査が必要です。


長期間の通院の時間がとれない方や、もともと肝機能が弱い方は
ぬりぐすりも選択肢のひとつです。

爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル


posted by つめ水虫 at 19:18| Comment(0) | 爪水虫治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

爪水虫の治療 のみ薬

爪水虫の場合や足のかかとのようにぬり薬を塗ってもお薬が届きににくい
場合や、細菌感染やぬり薬にかぶれてしまった場合には
のみ薬もおすすめです。


注意が必要な方

薬に発疹が出た方
肝臓の悪い方
妊娠中もしくは、妊娠の可能性がある方
授乳中の方
他の薬を服用している方

のみ薬は、医師の指示に従い、きちんと服用しましょう。

posted by つめ水虫 at 18:15| Comment(1) | 爪水虫治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。