スポンサードリンク

2009年06月25日

爪水虫 薬 副作用

爪水虫の治療には、飲み薬が有効ですが、
まれに副作用もあります。

本人の体質や服用の方法により違います。

特に足の爪の場合、8ヶ月から1年と爪が生え変わるまでの
長期の服用が必要なため、肝臓に負担がかかるため
血液検査で肝機能を調べる必要があります。

またまれに肝機能の異常という副作用の報告がありますので
使用中も定期的に検査が必要です。


長期間の通院の時間がとれない方や、もともと肝機能が弱い方は
ぬりぐすりも選択肢のひとつです。

爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル


posted by つめ水虫 at 19:18| Comment(0) | 爪水虫治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。