スポンサードリンク

2009年06月30日

のみ薬の治療法 パルス療法と連続服用法

爪水虫の飲み薬の治療法は、

約6ヶ月毎日のむ連続服用法と

パレス療法があります。パルス療法とは、1週間のみ薬を飲み
3週間は服用を休むサイクルを3回繰り返す方法です。

3ヶ月の治療機関で実際の服用は、合計21日間になります。

服用期間後も効果が持続する。
パレス療法に用いられるお薬は、爪に届きやすく、爪の中に長く
とどまり、お薬を休んでいる期間や飲み終わった後の期間も
爪の中で効果が持続します。

症状によって違いますが、お薬を飲み始めて早い人で2〜3ヶ月で
健康な爪が生えてきます。

健康な爪に生え変わるのは約1年といわれていますので
3ヶ月目の薬を飲み終わっても、その後も爪のチェックに
通院や治療が必要です。

posted by つめ水虫 at 14:11| Comment(0) | 爪水虫治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。